就職に有利な特殊免許はこれだ!

就職に有利な特殊免許はこれだ!

まずは基本の資格を押さえる

毎年春になると、学生の就職活動がニュースになりますね。
近年は働き手の数が減少傾向にあるため、これから就職活動をする学生にとっては売り手市場と言われています。

しかし、就職希望者がアプローチするのはより魅力的な仕事ができる会社、お給料が高くてワークライフバランスを重視した会社選びとなるため、売り手市場といっても必ずしも楽な就職活動になるとは限りません。

人気企業は相変わらず倍率が高く、自分が希望する会社に就職するためには、今までの学生達がしてきたように、資格を取得したり、自分が持っている能力を企業にアピールすることが必要になります。

中途採用や転職を考えている方にとっても同じです。
今までの経験や、実績、その業務を通じて取得した専門的な資格は次の就職活動にプラスになることでしょう。

事務系のお仕事であれば、典型的な資格といえば英検やTOEIC、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などがありますね。

もう少し業界を絞って、本気でその業界を目指すのであれば、例えばMBA、栄養士、通関士などより専門的な資格を持っていると就職の際に有利になってきますね。
企業側にも本気でその業界を目指している事のアピールになりますし、資格によっては非常に優遇される資格もあります。

デスクワークが嫌いで体を動かす仕事に就きたい方もいると思います。
一般的にメジャーなのは、建設現場で働く方やロジスティクス関係のお仕事は体を動かして稼ぐ仕事になりますが、このあたりへ就職を希望する場合はまず何らかの免許を持っているとより就職に有利になってきます。

普通自動車運転免許はまず基本ですが、それ以外にバスやトラックが運転できたり、フォークリフトやショベルカーなど特殊車両の操作ができる資格を持っていると即戦力として期待されますね。

最近の売り手市場な就職戦線は果たして?

就職というとデスクワークをメインとする事務系の仕事をイメージしがちですが、世の中にはそれ以外にも沢山の仕事があります。 事務系の仕事よりも、建設関係、運輸関係の仕事をしたい方にとっては就職にあたり車関係の免許を持っていることが重要になりますね。

大型特殊免許と小型特殊免許

建設・建築・土木関係の仕事、もしくは運輸関係の仕事に就きたい方は、大型特殊免許か小型特殊免許を持っておくと就職の際に大変有利になってきます。 それぞれの免許で運転できる大型特殊自動車、小型特殊自動車にはどのような車両の種類があるのでしょうか?

使える運転免許の種類

大型免許、小型免許以外に、2007年からは中型免許という免許区分が追加になっています。 大型免許、中型免許、普通免許の違いはどのようなものでしょう。 まず、運転資格年齢が違います。 その他に、当然ですが運転できる車両の総重量、最大積載量、乗車定員に違いが出てきます。