>

就職に有利な特殊免許はこれだ!

最近の売り手市場な就職戦線は果たして?

普通自動車運転免許

都内で非常に交通の便が良い場所に住んでいる一部の方以外は、日常生活でも必要になる免許ですね。

ひと昔前までは、殆どの人が社会人になると取得していた免許ですが、最近は若者の車離れの影響もあり、必ずしもみんなが当たり前に持っている免許と言えなくなってきました。
しかし、普通免許を持っている事で仕事に活かせる事があります。
例えば、会社の営業でお客様のところへ訪問する場合、社用車の運伝は普通免許があれば可能ですし、電車バスで行けないような場所だと車の運転が必須になってきます。

また、高齢者が年々増えている現実を考えると、デイサービスや福祉施設への送迎も、普通免許を持っているスタッフが運転をすることが多いので、免許を持っていると重宝されます。

履歴書への書き方

応募する職種を考えて、免許を持っている事が就職に有利と思われる、もしくは免許を持っている事が必須条件になるような仕事に応募する場合は記載しておく方が良いでしょう。
もし、応募したい職種が、免許をあまり使用しないであろう職種であったり、他にアピールしたい資格を優先したい場合などは無理に履歴書へ記載しなくても良いと思います。

一般には免許といえば普通自動車免許を指しますが、履歴書に記載する場合は正式名称で記載しましょう。
運輸業界など様々な種類の免許が必要とされる会社への応募であれば尚更のことです。
現在、自動車の運転免許の種類は15種類以上あると言われております。
普通自動車免許以外に取得している特殊免許があれば、正式名称で記載しましょう。
その免許を取得しているだけで月々のお給料に手当が上乗せされる会社もあります。


この記事をシェアする